どんな風に役立つ?ー痛み・緊張の軽減

 体の痛みや緊張感は、

突然どこからともなくやってくるわけではありません。

体のシステムが、どこか、何かが本来のように働いていないと伝えているのです。

 

人間の生活が、デスクワークや電車での移動中心となり

自然から遠ざかるにしたがって、その身体感覚が貧しくなっていることを

アレクサンダーは観察し、著書に書いています。

身体感覚が貧しくなると、自分では「まっすぐ立っている。」

と感じていても、その感覚をあてにすることができません。

 

 

 

上の写真の右側は、よくみられる立ち方ですが、

腰(下腹部)を前に突き出し、そこで体重を支えるようにして

立っています。

この状態では、本来体を支える仕事をしなくて良い筋肉が

余分に働かなければなりません。

たとえば、腰や膝に余分な負担がかかり、

腰痛や膝の痛みが発生しやすくなります。

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、

体本来の、重力に対抗してすっと上に向かうような

体のバランスを取り戻して行きます(写真の左側)

 

その過程で、上の腰や膝のように、余分な負担のかかっていた

体の部位が解放され、

緊張・痛みが減って行きます。

体の良いバランスを取り戻して行く過程で、

身体感覚も本来の状態に近づいて行きます。

 

*疲労の軽減

体を効率よく動かすようになるので、

同じ動作をしても疲労の度合いが減ります。

もっとやりたいことにエネルギーを使えるようになります。

 

*パソコン等デスクワークにおける眼精疲労や首の痛みを改善。

パソコンを使ったり、物を書いたりするときは特に、無意識のうちに首を前に押し出して負担をかけているものです。

首・頭そして全身の良い関係性を学んでいくにつれ、

胴体を安定させて座れるようになります。

そうすることで、首の緊張や、眼の過度な疲労を改善できます。

 

 

*楽器演奏時に

楽器を演奏する人にとって、自分自身をどのように使うかは大きな要素です。楽器演奏時に体に痛みや緊張を作ることを避けることができます。さらに、余分に力が入らないことで、豊かな音色や表現につながっていきます。

*声を使う

アレクサンダー自身が声に問題を生じたところからこのメソッドの開発に至りました。首の緊張、そして頭の押し下げは、自然な息の流れを妨げます。これをやめていくことで声が出しやすくなります。歌を歌うことや、声を使う仕事をしている方に役立ちます。

*スポーツや武術・ヨガ

はじめに書いたように、ブレーキを踏みながら車を運転するような自分の使い方の場合、思った通りの腕の動きは難しくなります。

ブレーキを外していくことで、望む動きを行いやすくなります。

2.どんなもの?

レッスンはシンプルです。 F.Mアレクサンダーが発見した原理を使い、椅子から立つ・座るという動きを行います。(チェアレッスンと言います。) 教師が手を添えてレッスンをします。 これは「立ち方・座り方」を学んでいるのではありません。 「立つ・座る」の瞬間に「よいしょ!」とよく言いますが、この瞬間、私たちは無意識に首を緊張させて、頭を首・体のほうへ引き寄せています。 これがからだ全体の機能・動きを邪魔します。 他の動作においても、また単にじっとしているときでも、私たちはたいてい無意識にこの緊張をつくっています。   ここで必要になってくるのが、アレクサンダーの発見した重要な原理、「抑制」、そして「方向性」というプロセスです。 体験によって学んでいくことなので、言葉であまりに説明することは省略しますが、 通常私たちがすっかり忘れているからだの感覚、これに耳を傾けていって、 自分の注意・意識をうまく使っていくと体の動きが変わることを体験していきます。   ATの教師は時間をかけ、この意識の使い方を訓練してきています。 手を置くときに自分自身が余分な緊張をもって手を置かないことを練習しているのです。 そのため教師の手からの情報は、この首の緊張をやめること、体全体において余分な緊張をやめることを助けます。 レッスンを重ねながら、生徒さんご自身にもこの習慣に意識的になっていただき、 意識の使い方を通してやめていくことを練習します。   目に見えて具体的なエクササイズ等をするわけではありませんが、意識の変化というのはとても大きなことです。(これが創始者である、F.Mアレクサンダーの発見の一つです。詳しくは「2.作った人について」、「3.原理」を参照ください。) こうして、自分の首の緊張に気づき、やめることを練習していくと、これはあらゆる状況で思い出すことができます。 例えば、 料理をしたり、掃除をしたり、パソコンを使ったあと、体のどこかが痛くなってなぜかわからなかった、 人と接するときに緊張してしまって、思うように話せない こんなとき、自分の緊張をコントロールするのは不可能に感じるかもしれませんが、 少しずつ可能になってきます。 レッスンを続けていくなかで、少しずつ疲れにくくなったり、気持ちが落ち着く・・といった変化に気づくでしょう。   私たちのからだは長年、「頑張る」ことに慣れ親しんでいます。 レッスンの最初では、「頑張る」ことで余分に働いていた体の筋肉が少しずつゆるみ始め、 徐々にからだの外観にも変化が出てきます。(肩・背中が広くなる、背が伸びる etc) チェアレッスンの後に、テーブルに横になっていただいた状態でのレッスンも行います。 重力に体全体をゆだねることで、さらに体がゆるみます。 この体験から余分な緊張を「やめること」を学びます。

2.作った人について:

FM.アレクサンダーは、1869年タスマニアに生まれ。舞台でシェイクスピアを演じることに情熱をかけていましたが、舞台上で声がかすれるようになり演じることを断念しなくてはならなくなります。 その原因は医者にもわかりませんでした。絶望しながらも演じることをあきらめられなかったアレクサンダーは、「自分自身が何か問題になることをやっているのだろう。」という推測のもとに、鏡の前に立って自らを観察しはじめます。 そこから彼は信じられない忍耐力で観察を続け、発見したことをもとに声の問題を解決しただけでなく、私たち人間の能力を十全に発揮させるために大きく貢献するメソッドを開発しました。

3.原理

アレクサンダーが開発した「アレクサンダー・テクニーク」は、他に類を見ない視点、深さがあります。   まず、アレクサンダーが発見したとても重要なことは、 「頭・首・胴体の関係」・・アレクサンダーは、この関係が私たち全体の機能を決定する鍵になることを発見しました。 アレクサンダーは、シェイクスピアを演じる自分を鏡に写してみたとき、演じようとするその瞬間に首を縮め、頭を後ろと下にやっていることを観察しました。 私たちも同様、物を取るとき、椅子に腰かけるとき、「何かをしよう」と思うその瞬間に、首を縮めて頭を後ろ、そして下へ引き下げるという必要のない無意識な動きを付け加えています。 頭は10キロ近い重さがあるため、こうやって首を緊張させることを繰り返すときに、頭の重さを支えるために肩や腰の筋肉(本来は動くために働く筋肉)が働かなくてはならなくなります。上からの重さのために、体全体が重力の向かうほう、「下」に向かいます。これが私たちの呼吸や消化活動といった体の機能や、さまざまな動きを邪魔します。 では、どうやってこの「頭・首・胴体の関係」をより良いものに変えられるのでしょうか。 私たちが慣れ親しんでいる見方では、問題があるとしたら「何かをすることによって」改善する、と考えます。 マッサージやエクササイズ など。 でもアレクサンダーが発見したのは「しないこと(non-doing)」という不思議な発想でした。 私たちはすでにやり過ぎているのだから、必要なのは、それに対して「ストップ」と思うこと(抑制)です そして、目の前の目的を果たすことに必死になっている意識をからだに戻す。 そうすると、私たちのシステムに本来の望ましい状態に戻っていくチャンスが生まれます。体の各部は自然に良い状態になる。 アレクサンダーが言ったように「正しいことは自然に起こる」のです。 (さらに詳しくは、「ATで学ぶこと」を参照ください。) これはいくら言葉で説明してもすぐに実践できるものではありません。 私たちは「がんばって何とかする。」というやり方を信じてきたのです。 「余分なことを手放す。」というnon-doingを体験することが、レッスンの重要な意味です。