どんな風に役立つ?ー痛み・緊張の軽減

 体の痛みや緊張感は、

突然どこからともなくやってくるわけではありません。

体のシステムが、どこか、何かが本来のように働いていないと伝えているのです。

 

人間の生活が、デスクワークや電車での移動中心となり

自然から遠ざかるにしたがって、その身体感覚が貧しくなっていることを

アレクサンダーは観察し、著書に書いています。

身体感覚が貧しくなると、自分では「まっすぐ立っている。」

と感じていても、その感覚をあてにすることができません。

 

 

 

上の写真の右側は、よくみられる立ち方ですが、

腰(下腹部)を前に突き出し、そこで体重を支えるようにして

立っています。

この状態では、本来体を支える仕事をしなくて良い筋肉が

余分に働かなければなりません。

たとえば、腰や膝に余分な負担がかかり、

腰痛や膝の痛みが発生しやすくなります。

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、

体本来の、重力に対抗してすっと上に向かうような

体のバランスを取り戻して行きます(写真の左側)

 

その過程で、上の腰や膝のように、余分な負担のかかっていた

体の部位が解放され、

緊張・痛みが減って行きます。

体の良いバランスを取り戻して行く過程で、

身体感覚も本来の状態に近づいて行きます。

 

*疲労の軽減

体を効率よく動かすようになるので、

同じ動作をしても疲労の度合いが減ります。

もっとやりたいことにエネルギーを使えるようになります。

 

*パソコン等デスクワークにおける眼精疲労や首の痛みを改善。

パソコンを使ったり、物を書いたりするときは特に、無意識のうちに首を前に押し出して負担をかけているものです。

首・頭そして全身の良い関係性を学んでいくにつれ、

胴体を安定させて座れるようになります。

そうすることで、首の緊張や、眼の過度な疲労を改善できます。

 

 

*楽器演奏時に

楽器を演奏する人にとって、自分自身をどのように使うかは大きな要素です。

楽器演奏時に体に痛みや緊張を作ることを避けることができます。

さらに、余分に力が入らないことで、豊かな音色や表現につながっていきます。

 

*声を使う

アレクサンダー自身が声に問題を生じたところから

このメソッドの開発に至りました。

首の緊張、そして頭の押し下げは、自然な息の流れを妨げます。

これをやめていくことで声が出しやすくなります。

歌を歌うことや、声を使う仕事をしている方に役立ちます。

 

*スポーツや武術・ヨガ

無意識に首を緊張させていることは、

知らずにブレーキを踏みながら車を運転するようなもの。

体の滑らかな動きをどこかで邪魔しています。

ブレーキを外していくことで、望む動きを行いやすくなり、

瞬発力や、耐久力、関節の動かしやすさ・・が得られます。